« プロのヘッジファンドマネージャーが書いたFX実践ドリル | トップページ | FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答 »

『三菱UFJフィナンシャル・グループ』メガバンク株専用トレードシステム『WIN08/メガバンク』

メガバンク株専用トレードシステム『WIN08/メガバンク』

『三菱UFJフィナンシャル・グループ』の理由

ご存知のとおり日本を代表するメガバンク株です。

取引量の多さでは他の2メガバンク
(みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ)
も膨大ですが、
なぜ『三菱UFJフィナンシャル・グループ』なのでしょうか。

他の2つについても有効なシステムトレードは充分に構築できます。

しかし、以下の2点から
『三菱UFJフィナンシャル・グループ』
を選択しトレードシステムを提供することとしました。

○上場時期が3メガバンクの中で一番早く取引データ量が一番多い

『三菱UFJフィナンシャル・グループ』は、
2001年4月に統合されているので、
7年半以上のデータの蓄積があります。

一般的にデータ量が多いほど牢固なシステムが構築できるのです。

○株価が1,000円近辺であり、100株単位で取引できる

10万円程度で取引が可能です。
※2007年10月から株が1,000分割されたため
取引のハードルが下がりました。

信用取引で資金の2倍運用

資金を有効に働かせるためには、
レバレッジをかけることがもっとも有効です。

すなわち投下資金より多くの取引を行い
資金増加を加速させていくために
信用取引を利用するのです。

もちろん、闇雲に上限ギリギリまで
レバレッジをかけることは避けなければいけません。

当たり前ですが、
利益も大きくなりますが、
損失もその分大きくなるからです。

では、どれくらいのレバレッジが有効なのでしょうか?

個人の運用スタンスによりますが、
2倍程度が妥当と考えます。

本トレードシステムは50万円の資金からスタートできますが、
これまでの最大ドローダウン(最大損失)でも、
30万円以上残る計算となっています。

つまり、信用取引ができなくなる最低ラインは割り込まなくて済むのです。

>>メガバンク株専用トレードシステム



メガバンク株専用トレードシステム『WIN08/メガバンク』










株式投資 コンパスガイドシステム2
「最後の株式投資マニュアル」
空売りだけで年収1000万円を達成した・・・
カラ売りの秘伝書!「カラ売りバイブル」もう暴落には悩まされない!
渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム


« プロのヘッジファンドマネージャーが書いたFX実践ドリル | トップページ | FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロのヘッジファンドマネージャーが書いたFX実践ドリル | トップページ | FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答 »