« 20万を一億円に変えるFXシステムチャート【黒船再来】投資先進国アメリカの投資方法 | トップページ | 5/12まで・・・【FX豊田ベスト】 5つの投資法で毎月100万円稼ぐ! »

東証銘柄を、「ある法則」で空売りし、ド素女子大生が16,320,580円稼いだ!下落すればするほど儲かる!優しくシンプルに稼ぐ空売り投資術!『自動下落投資術』

東証銘柄を、「ある法則」で空売りし、ド素女子大生が16,320,580円稼いだ!下落すればするほど儲かる!優しくシンプルに稼ぐ空売り投資術!『自動下落投資術』

「ある法則」に的中した東証銘柄を空売り!!

空売りで勝つ!『自動下落投資術』

相場の下げで利益を得る「空売り」とは、

3倍ものレバレッジを用いる信用取引において、

「買い」だけでは一方通行に買われ過ぎ、

結果として暴落をまねきやすいため、

適度な「買い」を抑制するために設けられた、正当な投資方法です。

1929年の大恐慌の際に、

「買い」だけの株式市場の危険を理解した米国では、

早くからこの「空売り」の重要性を認識して研究し、

そのノウハウを磨いてきました。

しかし日本では、 激しい上げと下げを回避する形で、

証券界に都合の良い「買い」の一辺倒の

株式投資を勧めてきたため、

「空売り」は研究されるどころか、

逆に「買い」に対する敵対的なものとして扱われ、

そのノウハウの蓄積はされてきませんでした。

それどころか、「空売り」は、

いつもよくないことの代名詞にされ、

相場が下がるのは「空売り」のせいだと、

攻撃を受けることもしばしばでした。

しかし相場の本質をしると、

それがまったくの誤解であり、

株価下落の主因は、「空売り」より

むしろ「買い」の過剰にあることがわかります。

下げによって利益を得る「空売り」を知ると、

相場には「上げ」と「下げ」があることを、

はっきりと認識することになります。

ところが日本の株式市場では、

相場はいつも高くなるべきで、

「空売り」のように下げで設けるのはケシカラン、と、

目の敵にされていたのです。

例えば現在、政府は、 機関投資家に対して

、空売り規制をかけようとしています。

本質的に「空売りは儲かるから」というのも、理由のひとつでしょう。

私は、あるところから、膨大な◯◯の中の日々のデータを

毎日漏れなく調べ、 毎日データーをとりました。

結果が悪ければ、別視点からみたデータをとり、

最も利益が得られる抽出法を毎日模索してゆきました。

これは私が行ったデータ抽出画像の一部です。

詳しくはこちら

日本初!「ある法則」に的中した東証銘柄を、「ある法則」で空売りし、ド素女子大生が16,320,580円稼いだ!下落すればするほど儲かる!優しくシンプルに稼ぐ空売り投資術!『自動下落投資術』

政府も恐れる“空売り”をベースにしたシステムトレード戦略

【仲村式】ツイントレード

真の投資顧問が銘柄推奨!波乱相場でも利益を出す!

トレンド転換をスバリ!トップディーラー育成プログラム

楽ちんスイングトレード

2年3ヶ月で3億円稼いだ暴落投資法

本日の売上ランキング【※すごいマニュアルが!!】

インフォトップの売上ランキング

インフォカートの売上ランキング

インフォストアの売上ランキング


« 20万を一億円に変えるFXシステムチャート【黒船再来】投資先進国アメリカの投資方法 | トップページ | 5/12まで・・・【FX豊田ベスト】 5つの投資法で毎月100万円稼ぐ! »

」カテゴリの記事