« 裁量FXプロジェクト ライントレードスキャルピング | トップページ | 証券ディーラーの隠し技 空売りピンポイント投資術2 »

「欧米アービトラージ」 米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい

「欧米アービトラージ」 米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい

ービトラージ手法で高確率で利ザヤを抜き取る!

レンジ相場となる特性と強固な相関関係を利用し、
手堅く利益を積み重ねていく優位性の高いトレード手法。


必ず「レンジ相場」となる金融市場が存在していることを・・・





「欧米アービトラージ」は、
「乖離」と「回帰」を繰り返す習性を利用し、

短期間で高確率な利ザヤを
抜き取るためのトレード手法となっています。


具体的には、
欧米倍率が「拡大」している時には、
欧州「売り」・米国「買い」のポジションを持ちます。

反対に、欧米倍率が「収縮」している局面では、
欧州「買い」・米国「売り」のポジションを建てます。

その後、どちらのポジションの場合であっても、
欧米倍率が「平均値」に回帰したタイミングで決済を行います。



このように、
欧米倍率の上下変動にリズムを合わせるかのような
トレードを繰り返すことにより、

欧米倍率の「拡大分」と「収縮分」を
高確率な利益として、収得し続けることができる訳で

詳しくはこちら

「欧米アービトラージ」 米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい









【今日の新着マニュアル】
NEWインフォトップ公式サイトへ
NEWインフォカート公式サイトへ


« 裁量FXプロジェクト ライントレードスキャルピング | トップページ | 証券ディーラーの隠し技 空売りピンポイント投資術2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198785/62234007

この記事へのトラックバック一覧です: 「欧米アービトラージ」 米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい:

« 裁量FXプロジェクト ライントレードスキャルピング | トップページ | 証券ディーラーの隠し技 空売りピンポイント投資術2 »