« 株価が“2倍、3倍”になる銘柄は決まっている・・・暴騰する“銘柄リスト”を | トップページ | 【新発売】IPO株の上場日 初日に買うならこの銘柄! »

利大損小!勝率6割!IPOセカンダリーは初日値付かず銘柄を狙え!17年間のIPO全銘柄を徹底検証

指値売り注文を出すのがいいのか、

②即金規制明け狙い買いは初値から何パーセント下で
指値買い注文を出すのがいいのか、

③公募割れ拾いは公募価格から何パーセント下で
指値買い注文を出すのがいいのか、

などを調べてみました。  

また、それらの損益が、
場(一部、二部、マザーズ、ジャスダック等)や
吸収金額によって、

どれぐらい違うのか、
違わないのかも、調べてみました。



 
その結果、
筆者の主観に基づく判断として
最も有効性が高いと感じられた売買手法が、

②を少し自己流にアレンジした
今回公開の
「IPO、セカンダリーは初日値付かず銘柄を狙え」です。



具体的には
2001年初めから本年2018年の3月末までに
新規公開された銘柄のうち、

このうち上場初日に買い注文が殺到して値が付かず、
初値形成が翌立会日

またはそれ以降となった
IPO株が約310銘柄あり、
これを初値形成日に買う、という手法です。

« 株価が“2倍、3倍”になる銘柄は決まっている・・・暴騰する“銘柄リスト”を | トップページ | 【新発売】IPO株の上場日 初日に買うならこの銘柄! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利大損小!勝率6割!IPOセカンダリーは初日値付かず銘柄を狙え!17年間のIPO全銘柄を徹底検証:

« 株価が“2倍、3倍”になる銘柄は決まっている・・・暴騰する“銘柄リスト”を | トップページ | 【新発売】IPO株の上場日 初日に買うならこの銘柄! »